キャビンアテンダントの試験の準備に語学の学校や勉強をしておく

キャビンアテンダントの試験の準備に語学の学校や勉強をしておく

容姿端麗で語学も使いこなせるキャビンアテンダントは、子供の将来なりたい職業の中でも昔から人気のある職業です。
実際にキャビンアテンダントになりたい場合は、養成学校に通うなどの準備をすることになります。
中には、英文学学科などに在籍し、大学卒業後に専門学校などを経験せずに受験をする人もいます。
いずれの場合も、キャビンアテンダントに必要な英語力がないと面接だけでなく、実践力としても困ります。
そのため、受験する前に英語の資格をとっておくなどの準備が必要になります。
また、飛行機の歴史やマナーなども必要なため、大学に通いながら専門学校に通って知識をつけている人もいます。
キャビンアテンダント専用の学校があるらしい
また、日系だけでなく、外資系の航空会社を受験することもできるため、自分がどの航空会社で働きたいかなど、学生のうちに情報を調べて準備しておくことも必要です。
英語だけでなく、他の語学を使う場面もあるので、学生時代に第二外国語や第三が外国語の勉強や、語学教室に通ったりしておくことや、実際に旅行に行って語学を磨くなどの経験を積んでおくと、キャビンアテンダントの試験の際にアピールのポイントになるでしょう。